記事
宅建協会では定期的にキャンペーンをやっています新着!!

保証協会は大きく分けて2つあり、ウサギと鳩のメークで有名ですね全国宅地建物取引業保証協会全日本不動産保証協会どちらの協会も定期的にキャンペーンを行っております。紹介キャンペーンや割引キャンペーンなど様々。そんなキャンペー […]

続きを読む
記事
文京区における宅地建物取引業(不動産業)の新規免許申請方法を解説新着!!

文京区における宅地建物取引業(不動産業)の新規免許申請は、地域の不動産取引を公正かつ安全に行い、消費者の保護を図るための重要な手続きです。この記事では、文京区で不動産業の新規免許を取得するための手続きの流れ、必要な書類、 […]

続きを読む
記事
宅地建物取引業免許と宅地建物取引士の違いについて解説新着!!

宅地建物取引業免許(宅建業免許)と宅地建物取引士(宅建士)は不動産業界で重要な資格ですが、その役割と必要条件には大きな違いがあります。 まず、宅建業免許は不動産業を法的に運営するために必要な免許です。この免許を持っている […]

続きを読む
記事
宅建業の専任の宅地建物取引士の常勤性についての解説

新型コロナウイルス感染症の影響で働き方が大きく変化し、多くの業種でテレワークが普及しています。この流れは宅地建物取引業界においても例外ではなく、宅建業における専任の宅地建物取引士の働き方にも影響を及ぼしています。ただし、 […]

続きを読む
記事
宅建免許の営業保証金の供託に関して

宅地建物取引業を行う際には、新規免許を取得した後、多くの法的義務が伴います。その中でも特に重要なのが、営業保証金の供託です。ここでは、この営業保証金について、その目的、供託のプロセス、及び必要な届出手続きについて詳しく解 […]

続きを読む
記事
宅地建物取引業の会社形態は株式会社か合同会社かを行政書士が教えます

宅地建物取引業を運営するにあたり、株式会社と合同会社、どちらの法人形態を選ぶべきかは重要な決定です。この選択は、信用度、コスト、手続きの簡便性など、様々な要因に基づくものです。以下で、株式会社と合同会社の特徴を比較し、宅 […]

続きを読む
記事
宅地建物取引業免許の更新を忘れるとどうなるのに回答

宅地建物取引業免許の更新を忘れると重大な結果を招くことがあります。宅建業免許は有効期限が5年であり、期限が近づいたら計画的に更新手続きを進める必要があります。今回は、宅建業免許の更新を忘れた場合のリスクと対策についてまと […]

続きを読む
記事
豊島区における宅地建物取引業(不動産業)の新規免許申請方法を解説

豊島区における宅地建物取引業(不動産業)の新規免許申請は、地域の不動産取引を公正かつ安全に行い、消費者を保護するために必要な手続きです。この記事では、豊島区での新規不動産業免許申請に必要な流れ、提出が求められる書類、申請 […]

続きを読む
記事
宅建免許に変更事項が生じた場合の手続に関しての解説

宅地建物取引業者が宅建免許を取得して事業を行っている際、登録されている情報に変更が生じた場合、法律で定められた手続きを迅速に行うことが求められます。ここでは、どのような変更が対象であり、どのように届出を行うべきかをわかり […]

続きを読む
記事
納税証明書は宅地建物取引業免許を申請するには重要

宅地建物取引業免許の申請に際して、特に重要な書類の一つが「納税証明書」です。この記事では、納税証明書の取得方法、必要な内容、提出期限などについて詳しく解説します。 納税証明書とは? 納税証明書は、税金が適切に申告され、納 […]

続きを読む